ファンタジー辞典!その他、おもしろ関連本まとめ!!

ファンタジー辞典!その他、おもしろ関連本まとめ!!

書店やネット通販で本を見ていると、ファンタジーを題材にした書籍を目にします。

書籍に限らず、映像作品、ゲーム等も人気なようですが、そもそもそれらの作品に出てくる不思議な世界、不思議な道具、不思議な生き物とはいったい何なのか?

今回はそれらの要素をテーマに据えた書籍を紹介し、ファンタジーの世界に思いを馳せてみようと思います。

紹介する書籍

冒頭でファンタジーをテーマと題しましたが、ファンタジーの材料には、実際の歴史が使われて土台を成している場合が多いです。そこで、ファンタジーの題材に使われる事の多い時代に関連した歴史関係の書籍も併せて紹介します。

Advertisement

シナリオのためのファンタジー事典 知っておきたい歴史・文化・お約束121

 

『ゲームシナリオのためのファンタジー事典 知っておきたい歴史・文化・お約束110』の増補改訂版です。一般に想像されるファンタジー世界の背景は、中世ヨーロッパ、古代ローマ帝国、近世ヨーロッパの要素を混ぜ合わせたもので、純粋に中世の頃の要素だけで成り立っている訳ではありません。この本では、それらの要素について取り上げ、ファンタジーの要素を含んだゲームのシナリオがどのように練られるのかを知る助けになると思います。

図解 世界の武器の歴史 石斧から自動火器まで

 

ファンタジーの物語においては、強大な敵との戦いや手強いモンスターとの戦いが描かれることが多いです。そんな物語の世界の中で、主人公達の戦いの助けとなるのが『武器』です。この本ではバーマン世界史博物館が所蔵する全世界、3500年以上の時代をまたがる収蔵品を紹介し、戦いの道具から人間の歴史を見ていきます。実際の武器について知ることで、ファンタジー世界での戦いの様子がより深く想像できると思います。

図説 近代魔術(ふくろうの本/世界の文化)

 

おわりに

ファンタジーと一言で言っても、西洋、東洋、中近東と世界観や設定は様々ありますが、今回はヨーロッパをベースとした世界観に合わせた本を紹介しました。

実際の歴史の知識や情報を踏まえて見ると、創作物で登場する要素にもまた違った視点が持てて面白いのではないでしょうか?

違った視点を持てば視野が広がり、視野が広がれば世界もまた広がるでしょう。

 

雑記カテゴリの最新記事