有名焼酎メーカー 田苑酒造見学!!

有名焼酎メーカー 田苑酒造見学!!

田苑酒造の焼酎資料館に行ってきました。春を迎えて花見だ、夜桜だ、宴会だ、とお酒がよく出てくる季節だと思いますが、今回はそのお酒のうち、焼酎について注目してみました。

鹿児島と言えば、有名なものの一つに必ず入るであろう焼酎、それを造られている田苑酒造さんについて迫ってみたいと思います。

田苑酒造株式会社について

 

創業は1890(明治23)年で、西南戦争を生き残った塚田祐介氏が米所として有名な北薩の塔之原天神地区で始めた塚田醸造所を開設。玄米と黄麹を原料に「つかだ」という玄米焼酎を売り出したのが始まりでした。第二次大戦中、大戦後の米が入手しにくい時期、芋を原料にした焼酎の製造を再開。(1947(昭和22)年)4代目の塚田定清氏が焼酎の品質改善に乗り出します。本格焼酎の樽貯蔵を行い、焼酎の荒々しさをまろやかにした樽貯蔵酒の開発を開始。(1956(昭和31)年)樽貯蔵酒の研究・開発と並行して、1970(昭和)年に塚田醸造場は、玄米による焼酎製造を復活させます。
売りに出すそばから売り切れになるほどの評価を得つつも、原料価格の高さに圧迫される状態が続きました。
ついに酒類免許の返上(=醸造場の閉鎖)も考えられていた時、当時の薩摩酒造の社長からの申し出もあり、事業の継続と再出発が出来る事となりました。
そして、1979(昭和54)年「田苑酒造株式会社」が誕生したのです。

焼酎資料館について

焼酎資料館の建物は、田苑酒造とつながりの深い熊本県山鹿市にある酒造会社で約240年前に建てられ、取り壊される予定だった酒蔵を移築してきた建物です。

一抱えもする太さの松や杉の柱や梁、格子模様のなまこ壁、約10メートルの高さがある合掌造りの重厚な屋根、という昔ながらの酒蔵という外観と釘を使っていない伝統的な木造の内装とが相まって、歴史と伝統と文化を感じる建物でした。


Advertisement

一階は、昔の蒸留器や焼酎造りに使う甕や樽といった道具の展示。


Advertisement

二階は昔の生活用品が展示されており、昔の人の暮らしを感じさせる雰囲気です。

焼酎をテーマにした資料館としては、ここ田苑酒造の焼酎資料館が「日本初」だそうです。

ちんたらの語源

仕事などをゆっくり進めていたり、進み方が遅い時に「ちんたらするな」と言われる時があると思いますが、この「ちんたら」の語源が昔の蒸留器だといわれています。

蒸留器の使い方

⒈蒸留前の焼酎を鉄の釜に入れて、その上に樽を置く。

⒉さらに上の金属製の容器に冷却用の水を入れる。

⒊鉄釜の下から薪をくべて火を焚く。すると釜が熱せられて「チンチン」と煮えたぎる音が聞こえる。

⒋鉄釜の中の焼酎が蒸発して樽の方へ上昇し、冷めると液化して内側に付き、樽から伸びた竹筒を通って、甕(かめ)の中に「タラリタラリ」と滴り落ちていく。


Advertisement

このようにして焼酎を蒸留する様子から、「チンタラ蒸留器」という名前が付き、蒸留するためには長い時間をかけ、ゆっくりと行わなければなりませんでした。

焼酎について

日本各地で製造されている蒸留酒で、蒸留酒の起源ははっきりとはしませんが、5世紀にアラビアで開発された蒸留器「アランビック」が、東洋と西洋に伝わり、アジアでも13世紀~14世紀には蒸留酒の製造がおこなわれていたようです。日本には、東南アジアと交流が盛んだった琉球王国にシャム国(現在のタイ国)から伝来したというのが定説となっています。16世紀になると焼酎の技術は琉球王国から奄美大島を経由して鹿児島へ上陸し、宮崎や球磨地方に伝わったといわれています。
日本各地で造られ始めた焼酎は、その後長い年月をかけて地域の地酒として人々の生活に定着していきました。

風土

田苑酒造が焼酎造りの拠点としている薩摩川内市樋脇町は、火山性のシラス台地と平野の間にあり、山々を流れる清流が集まって樋脇川となって流れます。シラス層というフィルターを通った水は不純物がろ過されて弱アルカリ性になり、やわらかい水質の水となります。
この水が焼酎のまろやかな味を生み出すもとの一つです。焼酎に限らず、酒造りに奇麗な水は欠かせません。
また、内陸性の気候からくる気温の差(温暖な鹿児島で冬には霜がおり、雪が降る。日中は暖かく、朝晩は冷える)は樽を膨張、収縮させ、焼酎の熟成を促しているようです。

Advertisement

樽について

せっかく醸造場に行ってきたので、酒造りに使われている樽について。
樽はオーク材でつくられ、オークは高級家具の材料にも使われるブナ科の落葉広葉樹です。
オークの樹齢100年以上の木を伐採し、1年程時間をかけて乾燥させます。
その後、節のない部分を選んで柾目に切断し、さらに1~2年ほど風雨にさらして木の樹脂分を除き、タンニンを酸化させて使用します。
樽にも様々な種類があって、容量が約180リットルの「バーレル樽」、容量約230リットルで、お酒を詰めた時の重さが豚の重さと同じだという「ホッグスヘッド樽」、容量約480リットルの「パンチョン樽」などが使われています。スペインではシェリー酒の貯蔵に使う「シェリーバット」と呼ばれる樽もあります。容量はパンチョン樽と同じ約480リットルですが、パンチョン樽より細長い形状のようです。
樽は大きくなるほど、お酒と樽材が接する面積が容量あたりで小さくなるので、ゆっくり熟成が進むようです。
樽の寿命はとても長寿命で、修理すれば90年~100年の使用にも耐える事が出来ます。
また、役目を終えた樽は、現在では曲がった樽材をまっすぐにする技術が開発されたため、家具や木材として再利用されています。

焼酎と音楽

田苑酒造では音楽仕込みという焼酎に音楽を聞かせて造っているそうです。

きっかけは焼酎造りの現場で流していた音楽で、流し始めて程なくして、スピーカーの近くにあるタンクだけ仕込みの日数が短くなることに気が付いた事だそうです。

音楽仕込みを行っているだけに、地域文化の向上や活性化を目指し、毎年春と秋の二回、県の内外から著名な音楽家を招いての「田苑酒造サロンコンサート」が開催されているようです。

この活動で2005年、企業の芸術文化支援(メセナ活動)を顕彰する「メセナアワード2005」でメセナ大賞部門を受賞しました。

終わりに

地域の地酒には様々な特徴や特色が出る物です。その土地で育った米や麦、芋といった材料に、他所の国や地域から持ち込まれて定着した技術、自然の水と気候、それらによって生まれた言葉をはじめとする文化と歴史。

今回の見学は、地域や自然、歴史、文化の凝縮された体験になったと思います。

焼酎資料館では試飲もできるので焼酎好きの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

雑記カテゴリの最新記事