車の運転中、動物とぶつかった時の対処法

車の運転中、動物とぶつかった時の対処法

最近、夜道を車で走っていた時、シカに遭遇しました

道路の中央に誰か立っているのかと思ったら、毛に覆われた四つ足で頭に角を生やしたオスのシカが立っていたのです。

幸いあまりスピードを出していなかったのでぶつからずに済み、シカも逃げて行ったのですが、もしもぶつかっていたらと思うとゾッとしました。

そこで今回、車を運転していて野生動物とぶつかってしまった際の対処法について書いていきたいと思います。

 

ロードキル

動物(昆虫も含む)が道路上で轢かれる現象。広義には車に轢かれたものだけではなく、側溝などの道路構造物に落ちた場合や道路照明塔に衝突した場合など、道路に起因する野生動物の死傷を全て含めて言う場合がある。(EICネット 環境用語集より)

野生動物の事故についての実態ですが、被害生物の多くは哺乳類(ウサギ、タヌキ、キツネなど)や鳥類(トビ、ハト、カラス、キジなど)です。

道路が建設されるとそこに存在している生態系は様々な影響を受けます。

ロードキルは、動物の生息域に道路が建設され、道路上に動物が侵入することによって発生します。

2014年、NEXCO東日本管内の高速道路上では、約19800件の動物の個体が犠牲になったようです。

最も多いのはタヌキで全体の「43%」を占めており、次いで鳥類が29%を占めています。

野生動物と車との衝突事故を防止する対策として、高速道路では動物侵入防止柵の設置や高速道路を安全に横断できる「けもの道」の確保などのハード面での対策、ドライバーへの注意喚起や迅速な動物死骸の回収(二次災禍防止)などのソフト面での対策といったロードキル防止対策が進められているようです。

車に轢かれてしまった動物の扱いについて

野生動物が生きている場合

ダンボールに入れるか、タオルで包むなどをして動物保護施設や動物病院に運ぶのが第一。(野生動物の治療に無償で対応している一部の保護施設や動物病院を除き、治療費を負担する場合があります)

ただし、暴れる場合や大型の動物の場合は動物保護施設や動物病院などに連絡を入れ、指示をあおぎましょう。

くれぐれも対処する人が怪我をしないよう注意してください。

野生動物がすでに死亡している場合

高速道路では道路管理者、一般道では市役所や町役場、または警察へ連絡します。

また、他の車が事故に遭った動物を避けようとして、ハンドルを切ったり、ブレーキを踏んだりすると、後続車からの追突、路肩のガードレールなどへの接触、さらには、対向車線への飛び出しによる車同士の事故などにつながることもあります。

可能であれば、通行の妨げにならないよう路肩に移動してください。

ただし、衛生面や安全面から素手で動物には触らないようにしましょう。

動物の毛や糞を吸い込まないようにマスクをすることも効果的です。

Advertisement

車両保険での扱い

野生動物との接触事故では、動物にケガをさせてしまうばかりでなく、北海道に生息するエゾシカなどの大型動物の場合は、マイカーの側にも損害がでる可能性があります。

また、飛び出してきた動物を避けようとして、ハンドルを切って縁石に乗り上げたり、ガードレールにぶつけてしまったりすることもしばしばおきます。

動物にはもちろん責任能力・賠償能力はありません。

動物が絡んだ事故の責任は、その動物が飼われている場合、加害者として動物の飼い主が管理責任を問われることがあります。

しかし、野生動物の場合は「野生」なので当然ながら飼い主に当たる責任者はいません。

賠償責任を求められる相手がいないので、単独事故として扱われることがほとんどです。

道で猫などが飛び出してきた場合も飼い主が不明であることが多く、単独事故扱いとなります。

野生動物との事故によってマイカーが損傷してしまった場合、修理にかかった費用などについて車両保険から保険金が支払われます。

ただし、車両保険には主に「一般型」と「エコノミー型」があり、事故の状況、損傷の箇所、車両保険の種類によっては保険金が支払われないことがあります。

人にケガを負わせてしまった場合

野生動物との接触事故が原因で、ドライバーや同乗者が怪我をしてしまうこともあります。

相手のいない単独事故なので、事故を起こした車の傷害保険(人身傷害保険や搭乗者傷害特約など)で補償される場合もあります。

また、動物を避けたことで対向車と接触したり、歩道を歩いている人にぶつかってしまった場合はどうでしょうか。

こんな時は、動物を避けるためとはいえ、危険な運転をしてしまったドライバーに損害賠償責任が生じることになることがほとんどです。

車や自転車やガードレールなど物の損害であれば対物賠償保険で、人の怪我であれば対人賠償保険で補償されます。

最初の原因が動物の飛び出しでも、それを避けようとしたことが原因で起きた事故の責任は、ドライバーが負うことがほとんどですので、十分な備えがあると安心です。

おわりに

シカなどといった野生動物は、市街地には滅多に姿を現しませんが、街から離れた山林を通る道を走る際は注意した方がよさそうです。

夜道での運転は野生動物に限らず、他の車や自転車、歩行者に注意して、事故に遭わないよう気をつけていきたいです。

 

雑記カテゴリの最新記事