コロナウイルスについて

コロナウイルスについて

2019年12月から中国武漢市を感染源として流行し、拡大した新型コロナウイルスですが、そもそもコロナウイルスとはどんなウイルスなのか?

同じコロナウイルスの一種と言われながら、以前に流行したSARS、МARSとは何が違うのか?

連日のように報道されて世間を騒がし、不安をあおる新型コロナウイルスについて知り、対処していくためにウイルスの特徴や対処法等をまとめました。

コロナウイルスとは?

1960年代、ニワトリの伝染性気管支炎ウイルスと、風邪を引いたヒト患者の鼻腔から発見されたウイルスが、それぞれコロナウイルスとして最初に発見されました。

コロナウイルスの名前は、ラテン語のコロナおよびギリシャ語の王冠または光冠(丸い光の輪)、花冠を意味するコロネ、または電子顕微鏡で見た外観が、樹冠や太陽コロナを思わせる像だったことが由来だそうです。

ゲノム(遺伝情報の全体・総体)としてリボ核酸(RNA)を持つウイルスで、ウイルス粒子表面のエンベロープ(膜構造)が花弁状の長い突起で、この形がコロナ(太陽の光冠)に似ているのが名前の由来です。

らせん対称性のヌクレオカプシド(※ウイルスのゲノム(DNAあるいはRNA)とゲノムを包むたんぱく質(カプシド)の総称)を持つエンベロープ(ウイルス粒子の最も外側に位置し、ウイルスの基本構造となるウイルスゲノムおよびカプシドと呼ばれるたんぱく質の殻・層を覆っています。宿主細胞膜(リン脂質とたんぱく質)に由来し、ウイルス性糖たんぱく質を含み、宿主の免疫系を回避することを助ける)ウイルスです。

大きさは直径80~220ナノメートル(10億分の1メートル)程度で、コロナウイルスのゲノムサイズは約26~32キロベース(kb)(※塩基対。デオキシリボ核酸の二本のポリヌクレオチド分子が、アデニン(A)とチミン(T)、ウラシル(U)、グアニン(G)とシトシン(C)等の決まった組を作り、水素結合でつながったもの。遺伝子やDNA断片の大きさを表す単位のようなものとしても使われています)で、RNAウイルスとしては最大となります。

Advertisement

新型コロナウイルス(SARS‐CоV‐2)と感染症CОVID‐19

2019年12月に武漢市で初めて確認された新型のSARS関連コロナウイルスです。

2020年2月11日、国際ウイルス分類委員会(ICTV)が、SARS‐CоV‐2と命名しました。日本語ではSARSコロナウイルス‐2とも表記され、日本の厚生労働省では単に「新型コロナウイルス」と呼んでいます。

ウイルスの大きさは50~200ナノメートルで、一般的なコロナウイルスと同じように、スパイク、ヌクレオ、内在性膜タンパク質、エンベロープタンパク質として知られる4つのタンパク質と、RNAで構成されています。

2002年に流行したSARSウイルスとは、別の種類のコウモリを宿主とするコロナウイルスが変異したものと考えられています。

タンパク質、RNAのSARSウイルスとの相同性(※ある形態や遺伝子が共通の祖先に由来すること)は、スパイクが76.0%、ヌクレオが90.6%、内在性膜タンパク質が90.1%、エンベロープタンパク質が94.7%、RNAが80%となっています。

一方、別種のコロナウイルスであるМARSコロナウイルスとは、それぞれが4.6%、7.6%、6.3%、30.5%、50%しか一致していません。

症状は特異的でなく、症状がないもの(無症候性)から重症の肺炎、死亡まで幅が広く、「新型コロナウイルス感染症(CОVID‐19)に関するWHО―中国合同ミッション報告書」によれば、典型的な症状・徴候としては発熱(87.9%)、空咳(67.7%)、疲労(38.1%)、喀痰(33.4%)、息切れ(18.6%)、咽頭痛(13.9%)、頭痛(13.6%)、筋肉痛または関節痛(14.8%)、悪寒(11.4%)、悪心または嘔吐(5.0%)、鼻詰まり(4.8%)、下痢(3.7%)、および喀血(0.9%)、結膜充血(0.8%)があり、くしゃみ、鼻水、のどの痛みなどの上気道症状は少ないようです。

潜伏期間は、世界保健機関(WHО)は2日間から10日間、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は2日間から14日間とそれぞれ推定しています。

特定の治療法がなく対症療法のみでしたが、既存の抗ウイルス薬(抗インフルエンザ薬、抗HIV薬、抗エボラ出血熱薬、抗マラリア薬、吸入ステロイド喘息治療薬、等)を流用できる、ことがわかってきました。

製薬会社は、既存の薬を活用する、新技術を頼りに早急にワクチン、抗体医薬やその他新薬の開発という二本立てな戦略でこのウイルスに対処していく方針なようです。

Advertisement

感染症

主にヒトに感染するコロナウイルスの感染症と症状を紹介します。

風邪症候群

初期症状は微熱、耳の痛み、頭痛のいずれかで、感染中期になると高熱が出てきます。風邪を引き起こすコロナウイルスは4種類あり、風邪の10~15%(流行期では35%)の原因を占めています。毎年のように発生し、HCоV‐229E、HCоV‐ОC43というウイルスが1960年代に発見され、HCоV‐NL63、HCоV‐HKU1は2000年代に入って発見されました。

潜伏期間:2~4日(※HCоV‐229Eの場合)

BSL2施設で扱い、感染症法での指定はありません。

SARS

2002年11月、中国広東省を起源として世界中に蔓延。キクガシラコウモリ(鼻葉(小型コウモリに発達している鼻周辺の複雑なひだ。超音波のコントロールに役立っているとされます)を菊の花に例えたのが和名の由来。ユーラシア大陸、イギリス、日本、モロッコに分布)が自然宿主と考えられています。

ウイルス性の呼吸器疾患、重症急性呼吸器症候群を引き起こし、初期症状は発熱、筋肉痛、無気力状態、咳嗽(がいそう。一般的には咳と呼ばれる)、咽頭痛、その他の症状がみられ、38度以上の高熱が見られます。

肺炎の症状は、ウイルスが誘導する免疫・サイトカインの関与が考えられ、最重症例になるとサイトカイン・ストーム(免疫系の暴走)を引き起こすことがある。

2003年7月5日、WHО(世界保健機関)はSARS封じ込めの成功を発表しましたが、その後の2004年に14人の感染例が出ました。

潜伏期間:2~10日

BSL3施設で扱い、感染症法二種病原体。(※二種病原体等……病原性を有し、国民の生命及び健康に「重大な」影響をあたえる恐れがある病原体等、と感染症法で規定されています)

Advertisement

МARS

中東呼吸器症候群の原因ウイルスで、2012年9月に初めて感染が確認されました(感染者は6月13日に入院し、6月24日に死亡。サウジアラビアのジェッダにて)。ヒトコブラクダを感染源とし、人に感染すると重症肺炎を引き起こします。

感染地域は中東をはじめ、2015年5月韓国(感染者数186名、死者86名)や中国に拡大し、2019年11月までに確定患者は2494人、死者は858人に上り、2019年12月1日から2020年1月31日までの間、サウジアラビアで19人が感染して8人が死亡、このほかカタールでも発生する状況で、収束の見通しは全く立っていません。

多くの患者で通常の肺炎症状が見られず、また肺に近い下気道に感染しやすい部分(受容体)があり、症状が少ないまま突然肺炎になるケースがあります。

SARSコロナウイルスとは異なる種類のコロナウイルスです。

潜伏期間:2~14日

BSL3施設で扱い、感染症法三種病原体。(※三種病原体等……病原性を有し、国民の生命及び健康に影響をあたえる恐れがある病原体等、と感染症法で規定されています)

新型コロナウイルスによる呼吸器症候群ならびに新型コロナウイルスSARS‐CоV‐2は、BSL3/ABSL3施設で扱い、感染疑い患者由来の臨床検体はBSL2施設で扱い、指定感染症で、感染症法で二類感染症以上相当、とされました。

※BSL……バイオセーフティーレベル。細菌・ウイルス等の微生物・病原体等を取り扱う実験室・施設の格付け。

感染経路

コロナウイルスの感染経路には、「飛沫感染」と「接触感染」が考えられ、「飛沫感染」は感染者がくしゃみや咳などをする際に、ツバなどの飛沫(=しぶき)とともにウイルスが飛び散り、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで起きる感染。

「接触感染」は、感染者がくしゃみや咳をする際に口を手で覆うなどして、手がウイルスを含んだ唾液で汚染され、手で触れたモノの表面にウイルスが付き、別の人がそのモノに触ってウイルスが手に付着し、その手で顔(口や鼻(や眼)の周囲などの粘膜)に触ることでウイルスが体内に入り込むことです。

接触感染の経路としては、電車、バスの吊り革、ドアノブ、各種スイッチ(照明、エレベーター、エアコン、コピー機、パソコンの電源スイッチやキーボード、ATМ(現金自動預け払い機)のタッチパネル式スイッチ等々)等です。

Advertisement

感染予防法

コロナウイルスの感染予防法は、インフルエンザの感染予防法と同じようにするのが有効とされています。

手指や顔を石鹸で洗う、うがいをする、粘膜を守るために室内の湿度を50~60%に保つこと、などです。

咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所には行かないようにすることも重要です。

石鹸による、手指からひじまでの洗浄、アルコールによる消毒、洗顔は、コロナウイルスの表面にはエンベロープと呼ばれる脂質の膜で覆われており、消毒用アルコールによる消毒が可能で、石鹸などの界面活性剤にも弱いので、外出後の帰宅時、調理前後、食事前、自分の顔に触れる前は毎回、手を洗うとよいでしょう。

湿度を50~60%以上保つのは、乾燥するとのどの粘膜の防御機能が低下するので、乾燥しやすい室内では加湿器等を使って、適切な湿度(50~60%)に保つ必要があるからです。

集団感染を避けるには、換気が悪く、人が密集して過ごす空間、不特定多数の人が接触する場所に行くことを避ける、が重要となってきます。

10人以上への感染拡大の感染源となった患者をスーパー・スプレッダーと言われます。

SARS(重症性呼吸器症候群)の際にもスーパースプレッダーが出ており、また韓国でМARSが流行した際には、特定の数人のスーパースプレッダーが出て、1人から86人に感染させた患者もいました。

普段からの健康管理に気を付け、十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけ、免疫力(自己治癒力)を高めておくとよいでしょう。

おわりに

風邪、インフルエンザ、ノロウイルスと、冬の季節は病気の話題が絶えませんが、新型のウイルスまで出てきたというのは驚きでした。

春先はなにかと行事やイベントが多くなる時期なので、どうしても人が集まる場所に行く際にはより注意が必要です。

新型ウイルスは人々にとって未知の存在であり、免疫を持たないために怖いウイルスではありますが、過剰に怖がらず、落ち着いて対処することが被害を抑える重要な点であることを押さえておきましょう。

 

雑記カテゴリの最新記事