お盆について

お盆について

毎年夏になるとやってくる行事にお盆がありますが、そもそもお盆とはどんな行事なのか?

祖先の霊が帰ってくるとは言うものの、具体的にはどんな行事なのか?

そんな疑問から書いた今回の記事です。

お盆とは?

お盆とは、夏季に行われる祖先の霊を祀る行事で、日本古来の祖先信仰と仏教が融合した行事です。かつては太陰暦(※月の満ち欠けの周期を基にした暦)の7月15日を中心とした期間に行われていました。

明治期に太陽暦(新暦)の採用後、新暦7月15日に合わせると農繁期と重なって支障が出る地域が多かったため、新暦8月15日をお盆(月遅れ盆)とする地域が多くなりました。

由来は、仏教用語の「盂蘭盆会」(うらぼんえ)の省略形として盆、お盆と呼ばれるようになりました。

盆は霊に対する供物を意味し、供物を供え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したという説があります。

Advertisement

全国的な風習

お盆の概念は日本全国に広がっており、行事の内容や風習は地方それぞれに様々な様式があります。

釜蓋朔日(かまぶたついたち)

1日を釜蓋朔日(かまぶたついたち)と言い、地獄の釜の蓋が開く日で、1日からお盆の始まりとされています。

地域によっては山や川から里に通じる道の草刈りをしますが、これは故人の霊が山や川に宿るという信仰に則り、彼岸から家に帰る故人が通りやすいように、と行います。

また地域によっては、「地獄の釜の蓋が開く時期は、池や川、海などに無暗に近づいたり、入ったりしてはいけない」という言い伝えもあります。

七夕、棚幡

7日は七夕で、七夕は「棚幡」(たなばた)とも書き、故人を迎える精霊棚とその棚に安置する幡(ばん)を拵える日でした。

その行為を7日の夕方から勤めたために、いつしか棚幡から七夕になったとも言われ、7日の夕刻から精霊棚や笹、幡などを安置します。

お盆の期間中に、僧侶に読経してもらい報恩することを棚経(たなぎょう)参りと言い、精霊棚で読むお経が転じて棚経というようになったそうです。

迎え火

13日の野火を迎え火(むかえび)と呼びます。地方によっては「留守参り」をする場所もあり、「留守参り」とは故人がいない墓に行って掃除などをすることを言い、御招霊(おしょうれい、おしょうらい、ごしょうらい、ごしょうらい)などの大がかりな迎え火も行われます。

お盆で飾られる盆提灯と呼ばれる提灯がありますが、これは迎え火が変形したもので、先祖の霊を迎え入れる目印であり、先祖の霊が滞在している印とされ、鎌倉時代からおこなわれている風習です。

Advertisement

送り火

16日の野火を送り火(おくりび)と呼び、京都の五山送り火が有名です。

川へ送る風習として灯籠流しがあります。山や川へ送るのは釜蓋朔日で記したように故人が居るとされるのが山や川とされる文化から来ています。

家庭の玄関先や庭で行われるものから、地域社会の行事として行われるものまで、規模は様々です。

仏教が庶民の間に浸透した室町時代以後に年中行事として定着したとされています。

盆踊り

15日の盆の翌日、16日の晩に、寺社の境内などに老若男女が集まって踊るのを盆踊りといい、地獄での受苦を免れた亡者たちが喜んで踊る状態を模したとされています。

夏祭りのクライマックスで、旧暦7月15日は十五夜、翌16日は十六夜(いざよい)で、どちらかの日に月が望(望月=満月)になるので、晴れていれば16日の晩は月明りで明るく、夜通し踊ることができたそうです。

近年では、場所は「寺社の境内」と限らなくなっており、宗教性を帯びない行事として執り行われる場合も多いです。

典型的なのは、駅前広場などの多くの人が集まる広場に櫓(やぐら)を組み、露店などを招いて、地域の親睦などを目的に行われます。

初盆、新盆

人が亡くなって49日法要が終わってから次に迎える最初の盆を初盆(はつぼん、ういぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、特に厚く供養する風習です。地方によって差がありますが、初盆の家の人は門口や仏壇、お墓に白一色の盆提灯を立てたり、初盆の家の人にそういった提灯を贈ったりして特別な儀礼を行い、初盆以外の時は、模様のある盆提灯やお墓には白と赤の色が入った提灯を立てたりします。

Advertisement

各地の風習

これから例として挙げるのは、全国的に広がっているとはいえないものの、ある程度の地域では一般的な風習です。

精霊馬(しょうりょううま)

お盆の期間中に故人の霊魂がこの世とあの世を行き来する乗り物として、きゅうりやナスで作る動物を用意することがあります。

4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬や牛として仏壇まわりや精霊棚に供物とともに配置します。

きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、ナスは歩みの遅い牛に見立てられて、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、または、供物を牛に載せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められています。

施餓鬼(きこん、せがき、とも)

餓鬼道に陥った亡者を救ったり、餓鬼棚と呼ばれる棚を作って道端に倒れた人の霊を慰めたりする風習も行われます。

餓鬼道とは常に飢えや渇きに苦しむ世界で、施餓鬼は特定の祖先への供養ではなく、広く一切の諸精霊に対して修されます。

盆には祖先の霊以外にも無縁仏や供養されない精霊も訪れるため、戸外に精霊棚を作ってそれらに施します。

水死した人の霊を弔うために川岸や船の上で行う施餓鬼供養は「川施餓鬼」と呼ばれ、夏の時期に行われます。

Advertisement

灯籠流し・精霊流し

死者の魂を弔って灯篭やお盆の供え物を海や川へ流す行事です。

お盆の送り火の一種で、夏祭りや花火大会と合同で行われることが多いようです。

しかし、お盆の時期についての解釈が地方によって異なっていたり、特別な追悼行事として行う場合もあり、日本全国で一斉に行われる訳ではなく、灯籠流しを行わない地域も多いです。

近年では、川や海の汚染が問題となっており、灯篭をそのまま海に流すことは昔よりも少なくなっているようです。

また、提灯を小船に乗せたようなものを川などに流す精霊流しを行う地域もあります。

特に長崎県長崎市の精霊船を曳き、市内を練り歩く事が有名で、岩手県盛岡市では供物を載せた数メートル程度の小舟に火をつけて流す「舟っこ流し」が行われます。

 

他には、盆提灯と呼ばれる特別な提灯を仏壇の前に飾ったり、法界折(ほかいおり)と呼ばれる精進料理の折詰を墓前に供え、「あられ」と呼ばれる米とさいの目に刻んだ大根を混ぜたものを墓所に撒いて清める風習や(青森県などの一部地域)、盆の墓参りや精霊流しの際に手持ち花火や爆竹を撃つ風習(長崎県)、沖縄県では旧暦でお盆が行われ、13日をウンケー(お迎え、の意。宮古ではンカイ、八重山ではシキルヒー、ンカイピー)、14日をナカビ、もしくはナカヌヒ、15日をウークイ(お送り、の意。宮古ではウフーユー、八重山ではウクルピー)として先祖の霊を歓待します。

独特の風習、行事として沖縄本島のエイサーや八重山列島のアンガマがあり、ウークイでは先祖の霊があの世で金銭面で困らないように、ウチカビ(打紙)と呼ばれる冥銭(※副葬品の一種で、金銭または金銭を模した物です)を燃やす風習もあります。八重山では旧盆をソーロンと呼びます。

供え物も地方によって違いがあり、甲信越地方や東海地方では仏前に安倍川餅、北信地方(長野県北部)ではおやきを供える風習があります。

お盆休み

お盆休みは江戸時代から連休として定着していて、明治以降も1872年(明治5年)までは旧暦7月14日から7月16日まで三連休となりました。

しかし、1873年(明治6年)の1月7日太政官布告第2号「休暇日ヲ定ム」によって、1月1日から1月3日まで(正月三が日)、6月28日から6月30日まで(夏越の大祓)、12月29日から12月31日まで(年越の大祓)が連休とされ、お盆は除外されました。

この年以降、旧暦・新暦・月遅れのいずれの場合にも、お盆が法定の休日になったことはありません。

なお、「休暇日ヲ定ム」の3つの連休のうち、夏越の大祓の連休は同年6月23日の布告で取り消しとなり、残った年越の大祓と正月三が日の2つの三連休が、年末年始とお休みとして定着していくことになります。

この法令は1947年(昭和22年)を限りに失効していますが、慣例として残り、1988年(昭和63年)12月13日法律第91号「行政機関の休日に関する法律」によって、行政機関限定ではあるものの12月29日から1月3日まで6連休となっています。

年末年始の連休が充実している反面、行政機関(官公庁)にお盆休みがない背景にはこのような事情があります。

ちなみに、嬉しいこと楽しいことが重なること、また、非常に忙しいことを例えて『盆と正月が一緒に来たよう』と表現されます。

Advertisement

おわりに

毎年夏になると迎えるお盆ですが、調べてみるとその行事についてよくわかっていないところがあったと感じました。

また、自分たちの住んでいる地域で行われている風習が、全国で行われているわけではないと知ったり、また別の地域の風習について知ったりとで興味深く思いました。

お盆の連休も昔からあり、明治のころに暦を改めたり、休日を定めたりする際に色々あって今の形となり、さらに法律で定められた祝日ではないということに、意外に感じました。

雑記カテゴリの最新記事