雉(キジ)についての記事

雉(キジ)についての記事

近所の草むらの中にキジが巣を作り、卵を産んでいました。

最初は大きな鳥がウロウロしているので、キジかと思いましたが、キジのわりに色が地味な印象でした。

しかしその後、キジのオスは派手な色をしていますが、メスは地味な色合いをしていたことを思い出し、調べてみたら案の定、メスのキジでした。

草むらで見つけた卵は、色が茶色で、ニワトリの卵と変わらないような印象でした。

そして、卵が何日ぐらいで孵化するのかという事に興味を持ち、調べてみたいと思い、書いたのが今回の記事です。


Advertisement

雉(キジ)とは?

キジは、キジ目キジ科キジ属に分類される鳥で、日本の国鳥とされ、また日本国内の自治体で「市町村の鳥」とされています。日本の古語では「雉子(きぎす)」と呼ばれています。

キジやコウライキジは、世界中で主要な狩猟鳥(※狩猟の対象となる野鳥)となり、キジの肉は食用とされています。

日本では、北海道と対馬を除いて本州、四国、九州に留鳥(※りゅうちょう、とどめどり、とも。年間を通じて同じ場所に生息し、季節による移動をしない鳥の総称)として分布しています。

日本には、東北地方に生息するキタキジ、本州・四国の大部分に生息するトウカイキジ、紀伊半島などに局地的に生息するシマキジ、九州に生息するキュウシュウキジの四種類の亜種が自然分布していました。

ユーラシア大陸が原産地であるコウライキジが、もともと生息していなかった北海道、対馬、南西諸島などに狩猟目的で放鳥され、野生化しています。

全長はオスが81cm程度で、メスが58cm程度。翼幅は77cm程度になり、体重はオスが0.8から1.1kg、メスが0.6~0.9kgで、コウライキジだともう少し大きくなります。

オスは翼と尾羽を除く体色が全体的に美しい緑色をしていて、頭部の羽毛は青緑色、目の周りには赤い肉垂があります。

背に褐色の斑がある濃い茶色の部分があり、翼と尾羽は茶褐色。

メスは全体的に茶褐色で、ヤマドリのメスに似ていますが、ヤマドリのメスよりも白っぽい色をしていて、尾羽が長いです。


Advertisement

生態

山地から平地の林、農耕地、河川敷などの明るい草地に生息し、地上を歩いて草の種子、芽、葉などの植物を主に食べますが、昆虫やクモなども食べます。

繁殖期になるとオスは赤い肉腫が肥大し、縄張り争いのために赤いものに対して攻撃的になり、「ケーン」と鳴いて縄張りを宣言します。

その後、「母衣打ち(ほろうち)」と呼ばれる両翼を広げ、胴体に打ちつけてブルブル羽音を立てる動作を行います。

メスは「チョッチョッ」と鳴き、子育てはメスだけで行います。

地面を浅く掘って枯れ草を敷いた巣を作り、4月から7月にかけて6~12個の卵を産みます。

繁殖期でない時期には雌雄別々に行動します。

夜間は樹の上で眠ります。

飛ぶのは苦手ながら走るのは得意で、スピードガンによる測定では時速32キロで走る速度を記録しています。

足が速い分、蹴りの威力も強烈で、キジやニワトリのオスの足には蹴爪(けづめ)と呼ばれる角質の突起が足の後ろ側にあり、これを武器としてオス同士の争いや天敵から身を守るのに使います。


Advertisement

食用

オスの綺麗な外見から私個人としては食べるのにためらいがありますが、キジは鶏肉料理として焼いたり煮たりする料理の食材として古くから使用されており、四条流包丁書(※平安時代から始まると伝えられる日本料理の流派)には「鳥といえば雉のこと也」と記されています。

少なくとも平安時代頃から食され、雉鍋、すき焼き、釜飯、雉そば、雉飯などが伝統的調理法です。

雉の肉は鶏肉と同じように、脂質が少なく味が淡白な事が特徴で、クセがなく、ジビエとされる鳥類の中では食べやすい部類に入るのだそうです。

カロリーは皮なしで可食部100gあたり108kcal、タンパク質の含有量は23gと、鶏のささみ(※100gあたり105kcal、タンパク質23g)とほぼ同じと言えます。

『大鏡』(11世紀末(平安時代後期の白河院政期)に成立したとされる歴史物語)には、藤原兼通が寝酒の肴に「雉の生肉を好んだ」事が記述され、高階業遠がこっそり雉を逃がした話があります。

仏教が普及していた社会でも、雉の肉は美味しく、食べられていた事を示しています。

きしめんの語源となる説の一つに、キジ肉を平打ちの麺の具にして藩主に献上した、という話があります。

ちなみに雉丼という料理がありますが、使われている肉はキジの肉ではなく鶏肉です。


Advertisement

その他、文化との関わり

昔話においては、桃太郎ではイヌ、サルとともに鬼が島にいくお供として登場し、石川県、長野県の民話では「キジも鳴かずば、撃たれまいに」という場面で登場しています。

人の頼み・相談を全く取り合わずにはねつける様子や、取り付く島もないような態度を『けんもほろろ』といいますが、これはキジが「ケーン」と鳴く声が由来となっています。

ことわざには、『雉の草隠れ』(※『頭隠して尻隠さず』)、『多勢に無勢、雉と鷹』(※弱いものと強いものの対比)、『焼け野の雉子、夜の鶴』(※親が子を思う気持ちを例えたもの)、『雉も鳴かずば撃たれまい』(※余計なことを言って自分から不利益を招くことの例え)、等があります。

日本の元号に白雉(はくち)と読まれる元号がありますが、これは西暦650年から654年までの期間に使われた元号で、これは穴門国(あなとのくに、後の長門国)の国司が白い雉を献上したことから瑞兆(良い事が起きる前兆)として、制定されました。

ネコのキジトラは、毛色がメスのキジに似ていることが由来となっています。


Advertisement

コウライキジについて

コウライキジ(高麗雉)は30の亜種に分けられ、ユーラシア大陸に広く分布しています。

キジはオスの翼を除く体色が全体的に緑色ですが、コウライキジは冠羽(かんう)と体色が翼と同じ褐色で、多くの亜種には首に白い輪状の模様があるのが特徴です。(※基準種には首輪状の模様はないようです)雌や雛はキジとの識別は困難なようです。

コウライキジとキジは容易に交雑し、その子孫も生殖能力を持つので、両者の交雑個体が日本で多数、確認されています。

自然分布はカスピ海地方から朝鮮半島にかけてと考えられますが、古くから狩猟鳥として親しまれたので、世界各地に人為的に移入されています。ヨーロッパでは、古代ローマ人によってイタリア半島に持ち込まれた種による同地の環境に適応した系統が広まっています。

生態は概ねキジに近いですが、より拓けた環境(草原や耕作地など)に好んで住みます。

コウライキジの名前の由来は、高麗(朝鮮)のキジという意味で、日本には朝鮮半島および中国吉林省中央部および南東部と、遼寧省南東部原産の亜種が1924年に名古屋市近郊の津島市に移入され、さらに坂根から1930年に北海道の長万部町と日高郡に移入されました。

八丈島と三宅島には1965年から1966年にかけて移入され、対馬と瓜島には、すでに中世の時代に朝鮮半島から移入されていたとされています。

おわりに

季節によっては、田んぼや畑の近くを歩いている姿を見ることがありましたが、キジについて調べてみて、身近な鳥だと感じることができました。

草むらの巣にある卵が無事に孵って雛が育ち、そして次の年以降、成長した雛たちが見られると嬉しいですね。

自然を感じられる場面や出来事があると、新しい刺激となります。

雑記カテゴリの最新記事